パソコン関連の仕事をやっています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PCレスキューITSパソコン

by PODCAST-BP

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
<< 広島空港 | main | デジタル社会で失われるもの >>
核発電所
JUGEMテーマ:日記・一般 

先日、作家の 村上春樹さんの「原子力発電所」を「核発電所」と呼びませんかというニュースがありました。

このニュースを聞いて「核」という言葉のイメージについて思い出したことがあります。

病院に設置してある医療機器のMRI装置( Magnetic Resonance Imaging )[ 磁気共鳴画像診断装置]のことです。
以前は、その原理からNMR装置( Nuclear Magnetic Resonance ) [核磁気共鳴装置]と呼んでいたのが急にMRIと呼ぶようになったのを覚えています。「核」nuclearの部分がなくなったのです。「nuclear」は、日本語と違い、核や原子力という意味だけでなく、「nuclear」 だけで核兵器に訳されることがあります。
MRIという名称に変わったのは、以前からあった放射線CTのデメリットの違いをアピールし「nuclear」の イメージから脱却したかったのでしょう。

ちなみに、「原子力発電所」は英語で"nuclear (power) plant"ですから素直に直訳すると「核発電所」になります。原子力発電所と訳されたのは、被爆国である日本の事情かも知れません。

名前の付け方により実態に対するイメージが全く別なものになることを教えられます。
| ひとりごと | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.bingo-web.net/trackback/878208